TETSUO KASHIWADA “STRANGER”

“異質なもの”は被写体か自分自身だった

前作『MOTEL』に引き続き、柏田テツヲさんによるロードトリップの写真集をデザインしました。

作者がアメリカを旅する中、自分自身が異質なもの(STRANGER)であることに気づいた寂しさや孤独感をテーマにした、ロードムービーを思わせる叙情的な作品が並びます。表紙は革の質感にカバー写真の空のような青で箔押しをほどこし、書体の細部に少し異質さを表現することで、一度見たら忘れられないような強さのある一冊に仕上げました。

CL : Non-Commercial Work
PH : TETSUO KASHIWADA
AD+D : ampersands