about

PHILOSOPHY

アンパサンズはデザインスタジオです。私たちのチーム名である“ampersands”は、記号の&(and)を表す“Ampersand”から。人[と]プロジェクトをデザインでつなぎ、その中で生まれるコミュニケーションをもとに、クリエイティブなアプローチを追求しています。

  • GRAPHIC

    媒体のコンセプトを表現するグラフィックは、広告・雑誌・カタログ・ウェブ・パッケージ・アイデンティティーやプロダクトなど、幅広い領域にわたっています。それぞれ異なるアイデアとデザインアプローチで、プロジェクトのコンセプトを明快に表現します。

  • EDITORIAL

    雑誌やカタログなどの編集的なデザインは、グラフィックデザインとは違うアプローチで、総合的にディレクションしています。企画のアイデア作りやビジュアルディレクション、1冊のデザインをトータルで監修・制作します。

  • WEB

    ウェブならではのクリエイティビティを生かした、ビジュアルのブランディングやシステムの設計を、総合的にディレクションしています。また、デバイスによる環境の違いの対応など、常に多様的なアプローチが必要になるため、プロジェクトに見合った方向性を提案しています。

PRINT

デザインを通して私たちが伝えていきたいこと、また、何かを表現する為に必要な方法として、スタジオにプライベートプレスを置いています。自分たちでコントロールできる印刷を行い、デザインと印刷の距離を縮めることで生まれる、感覚的な豊かさも表現したいと思っています。

  • HOT STAMP

    質感が生み出す感覚を大事にしてもらえるよう、手押しの卓上箔押し機を使いながら、想いのこもった表現を心がけています。印刷の質感を大事にしながらデザインすることを、箔押し加工を使って表現しています。

  • COLD TYPE

    自分たちの想いを形にするところまで、私たちはこだわりたいと考えています。名刺や便せんなど、身近に使用する文具品や、招待状などのメッセージを入れるものまで。自分たちがデザインに込めたこだわりを、活版印刷の技術で伝えたいと思っています。

  • SCREEN

    私たちはデザインに従事していますが、グラフィックをアートと隔てずに考えています。素材を選ばずに印刷出来るスクリーン印刷は、デザインとアートの垣根をつくりません。グラフィックをアートとしてもデザインとしても、自由に捉えた表現が出来ると考えています。

AMPLOG

私たちにとって、普遍的なプロジェクトから、日々の暮らしにまつわる小さなことまで、全て同じ水準で考えることがデザインであり、クリエイティブなチャンネルを常にオープンにし、興味をもったことや面白いと感じたことを、自由に共有していきたいと考えています。

  • EDIT

    私たちにとって編集は、文章だけではなく、“デザイン”と“ディレクション”も含みます。何かを作るだけのデザインではなく、様々な要素を編纂していき、モノやコトをひも解いていく視点をもつことで、より深くデザインを追求しています。

  • DESIGN

    実際に何かをデザインしてみたり、デザインというテーマで何かを見つめてみたり、様々なことを実験出来ればと思っています。デザインについてのアプローチを、色んな人に楽しんで見て欲しいと思っています。

  • COMPOSE

    デザインだけでも文章だけでも楽しめるように、それぞれ独立した構成をとっています。画像だけ眺めてみるのもいいですし、じっくり文章を読むのも自由です。一つ一つのストーリーを伝え易く構成するのも、デザインの大事な要素です。

MEMBER

  • YUMA TOBISHIMA

    Art Director / Designer

    1984年福岡県小倉生まれ。Store inc.、ANSWR inc.など制作プロダクションを経て、2012年にフリーに転身後2015年に法人化。主な仕事に、WEB「陶芸家寺村光輔」、広告「LUMINE FASHION CARNIVAL」、雑誌「CYAN」、音楽会「たのしいかい」のディレクションなど。

  • KEISUKE NAKAMURA

    Art Director / Designer

    1984年東京生まれ。制作プロダクションmo-greenに入社。編集とデザインのチームプロダクションに従事。多数の雑誌や販促誌を手がけた後、2012年にフリーに転身し、2015年に法人化。また、書体の研究やオリジナルのフォント制作など、タイポグラフィを主軸とした活動も行う。