旧観慶丸商店

文化の集う「看板建築」

宮城県石巻市でかつて百貨店として栄えた「旧観景丸商店」。1930年に建てられ、東日本大震災を経て市の指定文化財となったこの建物が、新たに文化交流施設としてスタートを迎えるためのロゴのデザインを担当しました。「文化の百貨店」という施設のコンセプトや、外壁のタイルなどの目を見張る意匠からインスピレーションを得ています。これからの石巻市のランドマークとして、長く親しまれ続けることを祈っています。

CL : 一般社団法人ISHINOMAKI2.0
AD : ampersands