Twins Lion Do Books

選書専門書店のリニューアル

赤坂に移転した選書専門書店「双子のライオン堂」の、アイデンティティーのデザインや店舗のソーシング、各種ツールやパッケージの制作など、様々なビジュアルリソースに携わっています。同店は選書を専門とした書店で、小説家や批評家など様々な著名人に選書を依頼し、著書と選書、新書や古書などジャンルを隔てずに販売をしています。また店主による定期配本サービスや、読書会や併設したギャラリーでのイベントなど、「本」を主軸とした様々な活動を通して読者と本を繋げており、そのビジュアル制作なども手がけています。

100年残る本と本屋

同書店のアイデンティティーは本に係わる未来を切り開くこと。そんな永続的な活動指針をデザインするにあたって、極力シンプルなマークにしつつも、手で描いても表すことの出来る「フリーウェア」に近い発想のものにしました。書店の頭文字でもある漢字の「双」で、ライオンの鼻を象ったロゴマークは、手描きですんなり描くことが出来るので、シグレチャーマークとしても気軽に描き残せます。また選書者の木製プレートや配本サービスのパッケージなど、様々なデザインで全体的な統一感を演出しています。

CL : BAMBOOLAB.INC
AD+D : ampersands