ampersands stationery tools

素材の質感を生かす

普段使用しているステーショナリーも既製のものではなく、オリジナルでデザインしています。紙は、風合いを生かしつつ、クラフトの手ざわりを備えたビオトープGAを採用しており、また色紙の印象を損なわないよう、アドレスなどの印刷にはホワイトオペークインキを使用し、紙の色が少しだけ透けて滲むような仕上がりにしています。送る前にエンボッサーでシグネチャーマークを手押しで作り、「INVOICE」のスタンプを押せば完成になります。

自分たちの手で仕上げる

このステーショナリーですが、オペークインキで刷られたアドレスが移転前のものであったため、移転後に使用することが出来ないという状態でした。ただ古いものを廃棄して、また同じ仕様で作り直すとなるとコストがかかり、また当然エコロジー的な観点からみてもあまりよいことではないと考え、デザインがもつ美点を損なわない為にもリデザインという方法を取ることにしました。モノを作ると同時にコトを考えるデザインは、私たちが最も大切にしているアプローチの一つです。

CL : Non-Commercial Work
AD+D : ampersands